ホテルニュータナカで働くスタッフ達が日々の
生活の中で感じた想いを日記形式で綴っています。

TOPホテルニュータナカ(山口県湯田温泉) > スタッフルームBLOG

スタッフルームBLOG

クリックで拡大写真

■恵方巻
皆様、こんにちは☆o・。+゚☆

本日2月3日(木)は節分の日です!

節分といえば豆まきですが、節分に豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都で、「看聞(かんもん)日記」の1425年(応永32)の記録に記されています。
 また、定番のかけ声の「鬼は外、福は内」は、「臥雲日件録」1447年(文安4)に、立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」ととなえたと記されています。

江戸時代になると、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになりました。

最近では、恵方巻(えほうまき)といって、節分に食べる太巻きがブームになっています!

恵方巻は江戸時代末期、大阪の船場で商売繁栄を祈願する風習として始まったと言われております。 七福神にちなんだ七種の具(かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ、その等の七種類の具)を巻いて食べる事から「福を巻き込む」という願いが込められています。


 節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、 目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです

※切らずに一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められています∩(´∀`)

私も、帰ってから恵方巻を食そうと思います“^_^”  

☆ちなみに今年の恵方は南南東です☆

☆…☆…☆…☆…☆…☆それでは、また次回☆…☆…☆…☆…☆…☆…
■掲載者/ フロント にしむら
[1][317] [318] [319][400]

※ご質問・お問合せについてはメールでの回答をしております。こちらよりご連絡ください。
場合によってメールの返信が遅れる事がございます。お急ぎの場合はお電話で直接お問い合わせ下さい。

最新の記事

すべての記事一覧

最新の写真

↑ページ上部へ