ホテルニュータナカで働くスタッフ達が日々の
生活の中で感じた想いを日記形式で綴っています。

TOPホテルニュータナカ(山口県湯田温泉) > スタッフルームBLOG

スタッフルームBLOG

クリックで拡大写真

■サクラサク

桜外郎

桜トリュフ

花ならつぼみ
はじめに、 先の震災の被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。


震災後、復興・復旧に向け、全国の方々の思いがひとつになっているのが感じられます。


何かしたい!今何が出来るだろう? そういった思いが大事だと思います。




さて、今回は、もうすぐ桜の季節ということで、


当館売店の桜にちなんだ商品を御紹介いたします。


まずは、 さくら外郎

桜葉や桜花の塩漬けが使われた外郎です^^
風味豊かで春を感じられます^^ 三枚入りで¥600-です。


そして、 さくらトリュフ

さくらの風味をとじこめた桜パウダー入りのチョコレートです^^
さくらとチョコのハーモニーをぜひお楽しみくださいませ。18個入りで¥630-です。


最後に、 純米酒 花ならつぼみ

「ワインのような」と表現される桜酵母を使用した純米酒。低アルコールで甘酸っぱさが心地よいです。
仕込み毎に微妙に味わいが異なる事から花に例えるならつぼみ…そう名付けられたそうです。
アルコール度5.5%の山口県産のお酒です^^ 360mlで¥720-です。



どうでしょう^^これらの商品で春を感じてみませんか??

ぜひ当館売店へお越し下さいませ^^
■掲載者/ フロント ささき
■東北地方太平洋沖地震について
3月11日の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

皆様の安全と、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
■掲載者/ 従業員一同
■足湯☆ライトアップ

足湯なんです!!

キレイですね♪♪

スノーマンとゆう太くん☆
みなさん、こんばんは(*´∀`)ノ



最近は春らしくなり、暖かくなってきましたね♪♪


いかがお過ごしでしょうか??


今回は、湯田温泉の足湯が一部、ライトアップしているので、ご紹介したいと思います。


なんと湯田温泉は今年、復活して300年を迎えます!!


その復活300年を記念して、足湯にイルミネーションを点灯しています (≧∇≦)♪


「湯の香通り」「湯田温泉観光案内所」足湯が、


華やかにイルミネーションで電飾されて、湯田温泉の夜を華やかに彩っています


御食事をされた後に、夜風にあたりながら、利用されてみてはいかかでしょうか??


点灯時間は17:00〜23:00です♪♪


期間が2月末までの予定なので、興味のある方はお早めに行かれてみてくださいね♪(゚▽^*)ノ⌒☆
■掲載者/ フロント やまもと
■秋吉台の山焼き
みなさんこんにちは(*^ω^*)


だんだんと暖かくなってきましたね★

寒がりな私にはが待ち遠しいです。


今回はそんな春を告げる恒例行事「秋吉台山焼き」についてご紹介します(・ω・)!


秋吉台の山焼きは1500haもあるカルスト台地を焼き尽くす日本最大規模の野焼きです。

草原の草が燃え上がり、台地がで包み込まれます。

そして全て焼き尽くすと、真っ黒な台地が広がり、春に新芽が芽吹くのです★

開催時期:2011年2月20日(日)

会場:秋吉台(美祢市秋芳町秋吉)

※スケジュールが変更になる場合がございますのでご注意ください。

また、当日は交通規制もありますのでお早めにお出かけください★



それでは、まだまだ寒い日が続いていますが風邪をひかないように・・・

花粉症対策を進めていきましょーう(ノ>_<)ノ☆☆☆
■掲載者/ 山本あ
■湯田温泉の有名人 第一章
大変お久しぶりです、藤田雄です(。・ω・)ノ゙

ここ最近は近年稀にみる大雪でいろいろ大変でしたが、そんな中お越しいただきましたお客様どうも

ありがとうございます(^人^)またのお越しをお待ちしております☆

さてお話は変わりますが、当館ホテルニュータナカがあります湯田温泉周辺の歴史的有名人をご存知ですか??

少しここで私の勉強もふまえつつ誠に勝手ながら紹介させていただかこうかと思います。

歴史はさかのぼりまして…幕末時代。この時代、高杉晋作、木戸孝允らとともに長州藩討幕派の中心人物

として活躍した井上馨(イノウエカオル)。 彼が生まれた場所こそがこの湯田温泉なんです!!

井上馨を知ってる人は是非湯田温泉へお越し下さい。知らない人も井上馨を知るいい機会だと思うので

是非お越し下さい(;人;)

ちなみに井上馨の旧宅跡地は当館のすぐ裏の高田公園になっており銅像も建っています☆

さらに先ほども名前を挙げました木戸孝允(後の桂小五郎)の木戸神社というところもあります。

この神社は木戸孝允が没する前に自分の家を村民の学資にする為に寄付をした木戸孝允の遺徳に

報いる為に村民が建てた祠と同時に建てた木戸孝允を讃える木戸公恩徳碑

中心に創建された神社です。

湯田温泉からは少し離れますが、是非立ち寄っていただきたい場所です(*^-^)

まだまだ、湯田温泉にまつわる方々はいるんですが、長くなりそうなので今回はここで締めようかと思います。

長々とした文章ですが読んでいただいた方ありがとうございます(^人^)

ではまた次回。














■あの人気の中華料理が食べ放題!?
最近だんだんと暖かくなってきましたね。心地よい風が吹いています〜。
どうも。こんにちは。ふくちゃんです。ヽ(´―`)ノ

1月23日()よりスタートしました。当館地下1階にある西京飯店食べ放題です!


残念なことに2月28日(月)をもちまして終了になります。
        工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


しかし!まだ半月ほどあります。まだ、食べていない方は是非食べにきてください。
とっても美味しいですよ(σ゚∀゚)σ!


嬉しいことにリピーターのお客さんが多いです。O(*>▽<*)o
バイキングは20種類あり、好きな料理を注文していただく、オーダーバイキングになります。

好きなものをたくさん食べても良し!ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

20種類を全部制覇しても良し!( ̄―+ ̄)キラリ

マンゴープリンや杏仁豆腐を独り占めしても良しΨ(`∀´)Ψ

ただ、食べ過ぎてお腹を壊さないようにご注意を!アタフタ((ヽ(;´Д`)ノ))アタフタ

個室のお席も準備できますので、バイキングご利用の際には予約のお電話をお願いいたします。

ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪

お電話番号はこちら→TEL 083-923-3585

詳しいことは下記のリンク先をご覧くださいませ。でわ。また次回!

■掲載者/ 宴会課 ふくちゃん
■大内御膳
みなさんこんにちは〜ヾ(・ω・`)ノ

少しずつ暖かくなってきているこの頃、花粉の猛威を感じます・・・
私も目がかゆくて微妙にツライ毎日です・・・・     。゚(゚*ω⊂ グスン


さてさて、先日私はお料理の勉強会に参加してきました ←もちろんお仕事です(笑)
お料理といっても、私が勉強したものは「平成大内御膳」です

                 ヘイセイオオウチゴゼン???


これは、「明応九年三月五日将軍御成献立」というお料理を現代風にアレンジしたものです
                   (※明応九年は1500年です)

ちなみにアレンジしたといっても、レシピを忠実に料理するために、砂糖・醤油・みりんなど
当時使われていない調味料は一切使っていません♪
調理される方に話を聞いたところ、砂糖は蜂蜜を、みりんはお酒をつかって・・と代用しているそうです♪♪



現代に比べると、とてもシンプルでもの足りないようなイメージさえありますが、一品一品、
とても深い意味が込められてるんです。
前回の、にしむら社員のブログの「恵方巻」にもあったように、当時の人々の「食」というものに対する思いは
とても強いものだったんだな〜と実感しています・・・     ( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウンウン


この「平成大内御膳」は2月11日からはじまる 山口お宝展の期間中に当館のレストラン〜鴨川でいただくことが出来ますよ☆
                                            ※鴨川 083-923-3575


゜・*:.。. ☆゜・*:.。. ☆ ゜+。:.振り返る事や後戻りすることが、あまり良しとされない今の時代・・・・゜・*:.。. ☆゜・*:.。. ☆ ゜+。:.
たまには立ち止まって、私達のずーっと先輩達が生きた時代に触れてみるのも大切な事なのかもしれませんね
                                                       ゜・*:.。. ☆゜・*:.。. ゜・*:.。.☆゜・*.
                          
■掲載者/ 予約課  なかしま
■恵方巻
皆様、こんにちは☆o・。+゚☆

本日2月3日(木)は節分の日です!

節分といえば豆まきですが、節分に豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都で、「看聞(かんもん)日記」の1425年(応永32)の記録に記されています。
 また、定番のかけ声の「鬼は外、福は内」は、「臥雲日件録」1447年(文安4)に、立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」ととなえたと記されています。

江戸時代になると、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになりました。

最近では、恵方巻(えほうまき)といって、節分に食べる太巻きがブームになっています!

恵方巻は江戸時代末期、大阪の船場で商売繁栄を祈願する風習として始まったと言われております。 七福神にちなんだ七種の具(かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ、その等の七種類の具)を巻いて食べる事から「福を巻き込む」という願いが込められています。


 節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、 目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです

※切らずに一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められています∩(´∀`)

私も、帰ってから恵方巻を食そうと思います“^_^”  

☆ちなみに今年の恵方は南南東です☆

☆…☆…☆…☆…☆…☆それでは、また次回☆…☆…☆…☆…☆…☆…
■掲載者/ フロント にしむら
■本日1月31日は休館ナリ!
当館も今年で30年を迎えます。




とは言っても私も当館とは十数年の付き合いになりますが・・・・




なんとっ、今日1月31日は、


当館始まって以来のお休みです!!




今まで休まずに営業してきましたが、やはり建物。30年も続けていれば故障は付き物ですよね・・・?




今回は「水道菅工事」のため休みました。
まっ、水が止まってしまってはさすがに営業は出来ませんですものね。
ご理解下さいませ。(ノ´ロ`)ノ



私も当館に勤めてから早十数年、こんな静かな夜を迎えるのは初めてです。



いつも夜の8時〜9時くらいには宴会やレストランご利用のお客様が帰られるのでお見送りをしたり、お泊りのお客様に温泉を案内したり、お部屋からのお電話で対応したりと賑やかになるはずなのに、



今日は真っ暗・・・。




何か心寂しい気がします・・・(_ _|||)



レストラン横のドンキホーテとサンチョも寂しそうです。




また明日2月1日より営業致しますのでそれまでお待ち下さい。

■掲載者/ フロント おがた
■国体にむけて

着々と作られております☆
こんにちは!

予約課の和田です。

今回も、前回に引続き私の地元にある観光スポットについて

ブログを書きたいと思います。

当館から車で約30分の所に、阿知須というところがあります。

そこには、2001年に開催されました、きらら博という博覧会の跡地があるのですが、

その敷地内に今年開催されます、国体のプールが建設されています!

そこでは、国体の水泳競技が行われます!

建設中のためあまり近づいて見ることができなかったのですが

かなり大きい&立派なプールのようです☆

ますます、国体が楽しみになってきました!

是非みなさまも国体も開催されますので、山口に起こし下さいませ!
■掲載者/ 予約課 和田
[1][34] [35] [36][43]

※ご質問・お問合せについてはメールでの回答をしております。こちらよりご連絡ください。
場合によってメールの返信が遅れる事がございます。お急ぎの場合はお電話で直接お問い合わせ下さい。

最新の記事

すべての記事一覧

最新の写真

↑ページ上部へ